自宅のカーテンにカビが生えているけれど、どのように対処すれば良いかわからない……とお悩みではありませんか。カビは黒く目立つため、そのままにしておくと見栄えが悪くなります。菌の繁殖や臭いも気になるため、できるだけ早めに落としましょう。

ここでは、カーテンにカビが生える原因と落とし方について解説します。カビを予防する方法についてもお教えしますので、カーテンをきれいにしたい方は必見です。

カーテンにカビが生える原因

カーテンにカビが生える原因は湿気です。夏は湿度の上昇により窓に結露が発生しやすくなり、結露の水分がカーテンに付着します。窓を開けて換気をすれば水分は乾くものの、窓を閉めたままにしておくと風通しが悪くなり、カーテンにカビが発生してしまうのです。

結露は室内と室外の気温差がある冬だけでなく、雨が続く梅雨時期も発生します。そのため、季節を問わずカビが生える可能性はあると考えておきましょう。

また、カーテンにほこりなどの汚れが付いていると、汚れを餌にカビ菌が繁殖します。カーテンのカビ汚れがより大きく、目立ってしまうため、できるだけ早めに見つけて対処することが大切です。

カビが生えたカーテンを放置すると

カビが生えたカーテンを長く放置すると、カーテン以外の家具にもカビが生える恐れがあります。カビの胞子は風に乗って様々な場所に浮遊していきます。カーテンからソファやタンスなどの家具に胞子が飛んでいけば、他の家具に新たなカビが発生してしまうのです。

また、カビの胞子は人にも大きな影響があります。人の体にカビの胞子が入ると、喘息やアレルギー症状といった様々なトラブルが起こるかもしれません。 皮膚に付着することで皮膚炎を発症する恐れもあるため、何らかの症状が出た場合は病院に行って治療を受ける必要があります。

カーテンのカビを取る前の確認事項

カーテンのカビを取るために洗濯しようと考える方も多いでしょう。

しかし、洗濯前に確認すべき事項があり、見落とすとカーテンを買い替えなければならなくなります。ここでは、カーテンを洗濯する前に見ておくべきポイントを解説します。

洗濯表示の確認

カーテンに付属しているタグの洗濯表示を見ておきましょう。

洗濯表示とは、洗濯機で洗えるのか、手洗いのみOKなのかを判別できるものです。ここを見ておかなければカーテンの形が崩れたり、素材がボロボロになってしまったりする恐れもあるため注意が必要です。

そもそも洗濯可能か

洗濯表示にどのようなマークがあるかを見てみましょう。マークには桶がプリントされており、水が入った桶に数字が表記されているもの、桶に手が入っているもの、桶にバツ印が付いているものがあります。 桶に数字が表記されているものは洗濯可能です。

数字は液温を表すもので、40と表記されていれば液温40度以内での洗濯が可能となります。桶に手が入っているものは手洗いのみ可能です。こちらも液温40度以内となっているため、40度を越すお湯での手洗いは避けてください。 桶にバツ印が付いているものは洗濯不可です。

この場合はデリケートな素材を使っている可能性が高いため、手洗いでも傷めてしまうかもしれません。自宅で洗わずにクリーニング店に持ち込みましょう。

漂白は可能か

カビをきれいに落とし切るには漂白剤の使用もおすすめですが、使用前に洗濯表示を確認しなければなりません。漂白についての表示は三角マークによって表されています。

通常の三角のみであれば塩素系・酵素系問わず漂白剤の使用が可能、三角に斜め線2本が入っていれば酵素系漂白剤のみ可能です。三角マークにバツ印が付いているものは漂白剤自体使えませんので、注意しましょう。

漂白剤の選び方

漂白剤には塩素系と酵素系があり、カーテンのカビ落としに使うのであれば酵素系漂白剤がおすすめです。酵素系はカーテンの色落ちを防ぎつつ、カビなどの汚れにアプローチします。一度の使用で完全に取れるわけではないものの、カーテンの色やデザインをそのまま残せます。

塩素系は強い漂白力を持つメリットがある一方で、色落ちするリスクがあるためおすすめできません。カビをきれいに落とせても、色も一緒に落ちてしまえばカーテンが使えなくなります。素材も傷めてしまいますので、今後も使用する予定のカーテンには使わないようにしてください。

カーテンのカビを取る方法

カーテンのカビを取りたいけれど、どうやって取ればいいかわからないと悩む方も多いでしょう。ここでは、カーテンに生えたカビの落とし方について解説します。

手洗いやブラシでカビを落とす

手洗いでカビを落とす場合は、洗濯用のブラシや歯ブラシを使います。カーテンに付着しているカビを優しくトントンと落とすように叩きます。

次にカーテンの裏にタオルをあて、中性洗剤を付けたブラシで再度優しく叩いてください。 これで裏にあてたタオルにカビが移るため、カーテンはきれいになります。

洗濯洗剤と酵素系漂白剤でつけ置き

洗剤と漂白剤を混ぜたお湯につけ置きすることでもカビを落とせます。カビが付着した部分がしっかり浸かるほどの桶を用意して、30~40度のお湯を入れてください。そちらに洗濯洗剤と酵素系漂白剤を入れ、よく混ぜます。

洗剤と漂白剤を混ぜたお湯にカーテンをつけ、30分程度置きましょう。30分以上つけ置きするとカビのない部分にカビが移る可能性があるため、時間を守ることが大切です。

また、つけ置きする際に洗剤や漂白剤によって手が荒れる恐れもありますので、ゴム手袋を装着して作業を行いましょう。

重曹を利用

洗剤や漂白剤ではなく、重曹を使ってカビを落とすことも可能です。カーテンが浸かるほどの桶に30~40度のお湯を溜め、重曹を入れてしっかりと混ぜます。

そちらに30分程度カーテンをつけておくだけでOKです。 こちらも30分以上置くとカビが他の部分に移る恐れがありますので、時間には注意してください。

手ごわい黒カビには塩素系漂白剤を使用

上記の方法でも落とせない手ごわい黒カビには、塩素系漂白剤を使いましょう。前述したように、塩素系漂白剤は漂白力が強いため、手ごわい黒カビにもしっかりとアプローチしてくれます。酵素系漂白剤や重曹で落とせない場合は塩素系も検討しましょう。

ただし、塩素系漂白剤はカーテンが色落ちする可能性があるため、白いカーテンにのみ使えます。白以外のカーテンで手ごわい黒カビが生えている場合は、無理せずクリーニング店に持っていきましょう。

洗濯表示に従い洗濯

漂白剤や重曹につけ置きした後は、カーテンを洗濯機で洗います。漂白剤などをきちんと落としておかないとカーテンが変色する恐れがありますので、洗濯表示に従ってきれいにしましょう。

洗濯機

洗濯可能なカーテンはきれいに畳んだ状態で洗濯ネットに入れ、洗いましょう。つけ置きの際に洗濯洗剤を入れていれば、すすぎと脱水のみで構いません。洗濯洗剤を使っていない場合はカーテンと一緒に洗剤を入れ、基本コースで洗ってください。

手洗い

手洗いのみ可であれば、40度以下のぬるま湯でつけ置き部分を優しく揉み洗いします。強く擦ると素材が傷む恐れがあるため、優しく漂白剤や重曹を落とすようにしてください。手洗いだと漂白剤などが手に付着する恐れがあるため、ゴム手袋を付けた状態で洗うことがおすすめです。

カビが落ちない場合はクリーニング店へ

漂白剤でも重曹でも落ちないカビがある場合は、クリーニング店に持っていきましょう。クリーニング店では自宅ではできない特殊な方法で手ごわいカビを落としてくれるため、お気に入りのカーテンがきれいな状態で戻ってきます。

カーテンのクリーニング費用相場は1㎡あたり1,000~1,200円です。値段によっては買い替えた方が安く済む可能性もありますので、まずは値段を聞き、その上でクリーニングか買い替えかを決めてください。

カーテンのカビを予防する方法

カーテンのカビは夏でも冬でも発生する可能性があるため、季節を問わず対策しておくことが重要です。カビが発生しない状態を作っておけば、カーテンをきれいなまま保てるでしょう。

ここでは、カーテンのカビ予防にしておきたい3つの対策方法を解説します。

カーテンは清潔に

カーテンに汚れが付いていないかを定期的にチェックし、除菌スプレーを振っておくようにしましょう。カビが発生する原因は結露などによる湿気です。

しかし、発生したカビが増えるのはカーテンに付着している汚れが原因なので、汚れのないようにしておいてください。 レースカーテンは年に2回、ドレープカーテンは年に1回のペースで洗濯してください。手洗いのみ可であれば自宅で洗う、またはクリーニング店に持っていきましょう。

洗濯頻度が少ないため、日頃のお手入れは自分で行わなければなりません。ほこりを払う、除菌・消臭スプレーを振っておくなど、できるお手入れ方法を実践してください。

結露の対策

カビが発生する原因である結露対策も重要です。結露は冬だけでなく、湿度の高い夏でも起こる可能性がありますので、季節を問わず対策をしておきましょう。

暑い時期におすすめなのが換気や除湿器の活用です。換気をすれば風通しを良くできるため、カビが発生しにくくなります。除湿器で湿度を下げればカビの発生を抑えるだけでなく、ジメジメとした嫌な暑さを体感せずに済みます。

寒い時期におすすめなのが結露防止スプレーの活用や窓用ヒーターの設置です。結露防止スプレーは窓に吹きかけるだけで結露が起きにくくなるため、夏場の使用にもおすすめです。窓用ヒーターは窓全体を温めてくれますので、結露防止以外にも部屋が冷えにくいといったメリットも得られます。

結露防止アイテムには様々なものがあり、100円ショップで手軽に購入できるものもあります。窓用ヒーターや除湿器の購入は高い費用がかかるため、コストを抑えて対策をしたい方は100円ショップのアイテムを活用してください。

カーテン以外の新しい選択肢

カーテンは室内をおしゃれに見せてくれるアイテムのひとつです。デザインによっては部屋の印象も大きく変えるため、部屋のインテリアにこだわりたい方はカーテン選びも慎重に行っているでしょう。 しかし、カーテンは結露対策を怠るとカビのリスクが発生するため、こまめなお手入れが必要なアイテムでもあります。

お手入れをする暇がない方は、カーテン以外のアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。カーテン以外に活用できる3つのアイテムをご紹介します。

シェード

シェードはコードで上下に動かせるタイプの目隠しです。素材は布となっているため、ブラインドとは印象が大きく異なります。プレーン・シャープ・バルーンといった種類があり、いずれもプリーツのない平坦な布なので部屋全体をすっきり見せられることもポイントです。

1枚の布では部屋の内部が見えてしまうのでは……と不安な方にはダブルシェードがおすすめです。2枚の布を重ねることで室内を見えにくくできるため、1階の窓に設置するカーテンをお探しの方はダブルタイプを選びましょう。

ロールスクリーン

ロールスクリーンは丈夫に設置されているパイプに布を巻き上げていくものです。シェードはコードを使って布を畳むように上に引き上げていくため、ロールスクリーンとは収納方法が異なります。

ロールスクリーンも平坦な布なので部屋全体がすっきりとします。デザインバリエーションも豊富なため、部屋の印象に合わせて好みの柄を選べるでしょう。日光を遮る遮光タイプや和室に最適なすだれタイプ、2枚の布を重ねたダブルタイプもあります。

ブラインド

ブラインドは複数の細長い板を上から紐で吊るしているもので、角度を変えれば室内の明るさ調整も手軽に行えます。使わないときは上部まとめておけるため、使用用途が幅広い目隠しです。 ブラインドはカラーバリエーションが豊富なため、部屋の内装に合わせてカラーを選べます。

デザイン性は少ないものの、シンプルなインテリアを好む方にぴったりだといえるでしょう。 複数の板を調整して使うものなので、使用年月が長くなればなるほどほこりなどが板に溜まります。こまめなお手入れが必要ではあるものの、布ではないので汚れが染みつく心配もありません。さっと拭き取るだけで手入れが済むため、短時間で掃除が終わります。
★ブラインドの種類についてはこちらの記事

外付けブラインド

ブラインドを検討している方は、室内ではなく、外付けブラインドも視野に入れておきましょう。外付けブラインドとは、屋外に設置するタイプの目隠しです。

仕組みは室内ブラインドと同じですが、電動操作である点が大きな違いです。 室内ブラインドはサイドにある紐を調節して板の角度を調整したり、まとめたりできます。

屋外タイプは電動で角度調整などを行うため、太陽の場所に応じて外に出る必要もないのです。 日光を遮れば室内が涼しくなるため、クーラーの設定温度を下げずに済みます。冬は日光が入るようにしておけば、部屋全体が暖かく感じられるでしょう。

まとめ

カーテンにカビが生える原因と落とす方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

自宅のカーテンにカビを見つけたら、できるだけ早めに落としておきましょう。 汚れなどによって菌が繁殖する恐れがあり、放置しておくと他の家具にもカビが生えるかもしれません。人が吸い込むとアレルギー症状が出るかもしれませんので、注意が必要です。

カーテンは素材によって洗濯表示が変わるため、洗濯機に入れる前にきちんと確認しましょう。洗濯表示に従って洗い方を変えれば、素材を傷めることなくカビを落とせます。

手ごわいカビは自宅で落とせないため、クリーニング店に持っていくことがおすすめです。 カーテンから屋外ブラインドに買い替えたいと思った方は、オスモ&エーデルにご相談ください。

視線カット、遮光性、手軽な操作性などの機能を備えた屋外ブラインドを取り扱っております。一度見てみたい方は、オスモ&エーデルのショールームにご来場ください。