ドイツ生まれの
外付けブラインド
「ヴァレーマ」

warema

太陽の光をコントロールする
ドイツ生まれの外付けブラインド

環境先進国ドイツでは、室内ではなく室外にブラインドを取り付けるのがスタンダード。
太陽の熱を窓の外でさえぎることで、部屋の温度上昇を防ぎます。
ヴァレーマは、そんなドイツの知恵が生み出した外付けブラインド。
スタイリッシュでスッキリとしたデザインも魅力です。

カタログダウンロード

  • 日本の日射対策は日本古来の「よしず」や「すだれ」
    日本の日射対策は日本古来の「よしず」や「すだれ」
  • ドイツの日射対策は外付けブラインドが一般的
    ドイツの日射対策は外付けブラインドが一般的

外付けブラインドヴァレーマなら
窓からの日射エネルギーを
約80%カット

「ヴァレーマ」の外付けブラインドは、日射エネルギーの透過率が低く、約80%を窓の外で遮断します。
屋外設置のため、窓とブラインド間の空気が対流して熱が蓄積しにくく、遮熱性が高まるからです。
これに対し、室内ブラインドの場合は、窓とブラインドやカーテンの間で温まった熱がたまり、照り返しで温室効果が生じて室温上昇につながるのです。

夏の窓辺はヒーターで暖房をしているようなもの。
ヴァレーマで窓ごしの輻射熱を遮るだけで、その熱量は約1/5まで下がります。

  • 外気温よりも20℃も上昇している
    外気温よりも20℃も上昇している
  • 外気温よりも3℃しか上昇していない
    外気温よりも3℃しか上昇していない

眺望・通風・採光はそのままに
熱だけを合理的にカットする品質機能

強力な太陽光を遮りながら、屋外の心地よい風を室内へ。
いつでも新鮮な空気を取り込む事が出来ます。
また、外からは室内が見えにくく、室内からの眺望は遮らない。
プライバシーを確保しつつも、眺望・通風・採光が快適に行えます。

COLUMN

もっと見る