「最近『パッシブデザイン』ってよく聞くけれど、どんなデザイン?」
「自然の環境を利用した住宅設計をするには?」
「冷暖房を節約できる環境にやさしい住環境を手に入れたい」

地球温暖化が加速する現代において、自然の力を活用した快適な住宅設計のデザインのあり方である「パッシブデザイン」に注目が集まっています。

自然環境にやさしい住宅設計がしたいけれど、どんなデザイン方法があるのかがわからないという悩みをもつ方も少なくありません。

本記事では、パッシブデザインとはどんなデザイン方法なのか、パッシブデザインによってもたらされるメリット、そして、パッシブデザインが備える5つの要素について解説していきます。

パッシブデザインとは

パッシブデザインとは、「省エネ」や「再生可能エネルギーの活用」を意識した家づくりのことを指します。

太陽や熱、風といった自然の力を活用し、快適に過ごせる住宅設計を行います。
地球に負担をかけない家づくりで、環境にやさしい家づくりを目指します。

具体的には、室内外の温度差を利用し換気を行う「温度差換気」や、室内に太陽の光をたっぷりと差し込み冬場にも温かい環境をつくる「パッシブソーラー」といった構造が、パッシブデザインの例として挙げられます。

パッシブデザインを活用する家づくりにおいて、自然エネルギーを利用して暖房や換気に使う無駄な電力エネルギーを削減できるといった利点がありますが、その分高断熱・高気密な構造設計が重要になってきます。

日商条件の良好な地域では、基礎断熱により地盤の熱容量を室内に取り込み暖かい空間づくりを行ったり、日差しによる熱を最大限活用できるように室内に蓄熱性をもたせたりといった取り組みが効果的とされています。

心地よい住環境を整備しながら、未来の自然環境改善にも貢献できるのが、パッシブデザインの大きな強みです。

パッシブデザインの5つの要素

パッシブデザインの概要がわかったところで、ここからはパッシブデザインの具体的な要素を見ていきます。
一般的には以下の5つの要素が挙げられます。

  • 断熱機能
  • 日射隠蔽
  • 自然風利用
  • 昼光利用
  • 日射熱利用

それぞれ次の項目にて詳しく解説していきます。

断熱機能

断熱は、室内外の熱の出入りを抑制することを目的として行われます。
高断熱の住宅は、断熱機能をもたない住宅と比較して、はるかに少ないエネルギーで室内の温熱環境を維持できます。
室温を一定に維持できるので、快適な室温を少ないエネルギーで実現できるのです。

また、断熱性能が優れていることはもちろん、高気密構造であることもパッシブデザインの住宅に必要な要素です。
隙間だらけの住宅では、たとえしっかりとした断熱が行われ室内に暖かい空気を閉じ込められたとしても、その隙間から暖かい空気が逃げていってしまいます。
外壁や床や窓、サッシの隙間などの、外と接する空気が逃げやすい部分にはしっかりと気密構造を施し、確実に室内に暖かい空気を維持する構造が必要なのです。

建物の断熱性能や保湿性能を表す指標としてよく用いられるのが「Q値」です。
各地域のQ値の「基準値」に0.7を掛けた数値まで断熱性能を高めると、冬場にも多くのメリットを感じられる断熱性の高い住宅構造を実現できます。

少ない熱で部屋の室温を上げられる「省エネ性」、暖房をつけていなくても快適な室温が保たれる「快適性」、そして暖房をかけている部屋とかけていない部屋の気温差が抑えられる「健康性」、どの観点から見ても性能の高い住宅ができあがります。

参考記事:日本の「窓」は世界から遅れている?断熱性能が低い理由とは

日射隠蔽

冬場の断熱性に特化するあまり、夏場には熱が籠りやすく不快な暑さを感じる住宅になってしまう恐れがあります。
その際重要なのが日射隠蔽です。
断熱性が高い住宅は、一旦サッシなどから熱い空気が入ると室内の温度が上昇し、かえって快適度の低い住環境になってしまいます。
それを防ぐために夏場の強い日差しを遮るための庇を取り付け、適度に太陽の熱を奪う必要があります。

しかし、冬場には暖かい太陽光は室温を効率的に上げるのに必要な要素です。
そのため、適切な庇の長さを設計し、そのバランスを計算、シミュレーションしなければなりません。
オールシーズン快適な環境を目指すため、庇の長さを細かく設計しながら、周辺の敷地・建物の高さなどを計算したシミュレーションを行う必要があります。

参考記事:日射隠蔽とは?日差しを遮るための対策方法について解説

自然風利用

日本には四季があり、一年を通して心地いい風を感じながら過ごしたいという方も多くいるはずです。
気象庁のホームページでは、一年を通してどこからどの方角に向かって風が吹くか計算をした「卓越風」に関する情報が載っています。

住宅設計会社はこの卓越風のデータを基に、適切なサッシの材質や種類、サッシを取り付ける位置を設計しています。
自然風を利用した設計を行うことで、適度に熱を逃がしながら、室温を適温に保つことが可能になります。

具体的には、吹き抜けを通じて上下に風を通す「立体通風」や、袖壁のデザインを工夫することで風をつかまえて流れを変え、室内へと取り入れる「ウィンドキャッチャー」といった手法があります。

昼光利用

昼光利用では、昼の時間にできるだけ室内の電気を使わずに過ごせる光環境を実現します。

敷地状況により吹き抜けを設計したり、あえて二階にリビングを設計することで日の光を調整したりする方法があります。
この際にも、昼の時間帯の日の光を想定した綿密なシミュレーションが必要です。
具体的には扉を透明にすることで日の光を室内に入れたり、部屋と部屋とを仕切る壁に隙間をつくり日の光を共有したりする手法が用いられます。

日射熱利用

日射熱利用では、暖房を可能な限り使用せず、日射熱のみで部屋を温める設計が行われます。
太陽の熱を利用することで、暖房を使用したときと比較してもより自然で快適な暖かさを実現します。

具体的にはコンクリートやコンクリートブロックを使い蓄熱性能に優れた素材をデザイン・配置します。
コンクリート素材に日中熱を吸収させ、室温の低下とともに蓄積された熱が放出されることにより、自然なかたちで部屋のなかに熱を取り込みます。
こうした工夫により、木造住宅であっても冬に暖かい室内を実現できるのです。

パッシブデザインとは省エネと快適さを実現するデザイン

ここまでご紹介したように、パッシブデザインにより省エネと快適さを同時に実現する、環境に優しい住宅設計が可能になります。

自然の風や気温を適度に感じながら、適切な断熱や遮熱を行うことで誰もが健康に過ごせる環境を作り出します。
自然の環境でのびのびと過ごせる住環境を実現したい方は、ぜひ一度パッシブデザインを活用した住宅設計をご検討してみてはいかがでしょうか。

そして、パッシブデザインにも繋がる快適な空間づくりに役立つアイテムのひとつが、外付けブラインドです。

省エネに効果的な外付けブラインドを導入したい場合には、オスモ&エーデルへご相談ください。高気密、また高断熱でエアコンの冷房効果アップに役立つ商品を用意しております。
商品を一度見てみたい場合には、ぜひショールームまでお越しください。

より詳しいヴァレーマの強みはこちら