ヴァレーマ社

世界に顧客を持つ
ヨーロッパ最大の日射遮蔽装置ブランド

ヴァレーマ社は1955年にアルミ製ブラインドを製造する会社として、ドイツ・バイエルン州マルクトハイデンフェルトで設立されました。
設立50年で、ヨーロッパ最大の日射遮蔽装置メーカーへと成長。今日では外付けブラインドをはじめとするその製品はヨーロッパのほか中東、オセアニア、アジア、北米など世界中で広く愛用されています。
エーデルジャパンは、日本地域の総代理店として幅広い分野で外付けブラインドの提案を行っており、住宅や学校、病院、オフィスビルなど日本でもすでに多くの建築物で採用されています。

バイエルン州マイクトハイデンフェルトの本社工場
バイエルン州マイクトハイデンフェルトの本社工場

我々の役割は、問題の解決にともなう技術革新と、サービスの提供です

ヴァレーマ社CEO アンジェリク・レンコフ氏
ヴァレーマ社CEO アンジェリク・レンコフ氏

外付けブラインドのほか、オーニング、窓用シャッター、ブラインドに組み込む部品、制御に関わる電子基板、ソフトウェアまで自社一貫体制により生産。高品質の維持と顧客への提案力により世界の市場から高い評価を受けています。
ヴァレーマ社CEOのアンジェリク・レンコフ氏は「我々の役割は、問題の解決に伴う技術革新とサービスの提供です」と語り、最新の顧客ニーズの把握と積極的な開発への取り組みにより高い顧客満足度を実現しています。

ヴァレーマ社CEO
アンジェリク・レンコフ氏