Column

ドイツオスモ社と一緒に日本の建築をめぐる視察ツアーに行って来ました!

ドイツオスモ社

ドイツオスモ社のコルデス社長と、アジアマーケティング担当のコルビール氏が来日されました。
オスモ社の製品が実際にどんなふうに日本で使われているのか見てみたい、という前々からのご要望にこたえて、9月13日より16日まで建築視察ツアーに出かけてきましたよ。

まずは弊社本社のある関西からツアースタート。

大阪の福祉施設「すごうの郷」を見学

ドイツオスモ社

初日は生憎の雨でしたが、オスモカラー外装用クリアープラスをご採用いただいた大阪の福祉施設「すごうの郷」を見学。
木の安らぎとぬくもりのある暮らしをコンセプトとした建物で、レッドシーダーの美しい木地色を活かした仕上げにグレーが美しく映える建物です。
晴れていたらもっと美しかっただろうね、とお二人とも残念そう。
 

ドイツオスモ社

それでも雨がふっていたおかげで、こんな風にしっかり水をはじいているのが確認出来ましたよ。
 

大断面集成材の工場を見学

ドイツオスモ社

お次は、奈良へ移動。
トリスミ集成材株式会社さんの大断面集成材の工場を見学させて頂きました。
集成材の製造過程について一通りご説明を頂いたあと、工場内を順番にご案内いただきました。
 

ドイツオスモ社

トリスミ集成材株式会社では、安藤忠雄氏設計の木造建築を数多く手がけておられるということで、見学の最後に作品集をコルデス社長へプレゼントしてくださいました!

その後、やはりオスモカラー外装用クリアープラスをご採用頂いた、奈良県初のCLT建築(5階建て)である「ぷろぼの福祉ビル」の外観を見学し、初日の視察は終了です。
 

ドイツオスモ社

でも、折角奈良まで来たのですから、もちろん鹿の洗礼も受けて頂きましたよ。
ドイツも自然豊かな国ですが、さすがに鹿がこれだけたくさんいるのには驚きの様子でした。
 

地域交流施設「THANK」を見学

ドイツオスモ社

翌日は名古屋へ移動し、オスモフローリングをご採用頂いた地域交流施設「THANK」を見学。
こちらは、科学を英語で学ぶというコンセプトのイングリッシュアフタースクールということもあり、スタッフの方も、英語でご案内をしてくださいました。

滞在すること数時間で名古屋に別れを告げて、すぐに東京へ移動です。
東京到着後は、都内にある大型ホームセンターの店舗を視察。
オスモ社は木の会社ですので、ホームセンターで売っている「スノコ」に興味津々でした。
 

さて、ツアー後半2日は関東に舞台を移しての視察です。
まずは、千葉県鋸南市の「道の駅 保田小学校」。
こちら2014年に学校としては廃校となった校舎を道の駅として再利用し、直売所や宿泊施設などにリノベーション。
その発想がとても面白いと思われたようです。
2階の「まちの縁側」スペースに長~く連続して貼られたオスモフローリングは壮観です!(余りに急いでいたので、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・)皆さま、ぜひ実際に足をお運びください。
 

「ルンビニー保育園」を見学

ドイツオスモ社

東京都内に移動して「ルンビニー保育園」を見学しました。
平日の夕方、こどもたちは背の高い外国人がやってきたのに大興奮!
とにかく元気いっぱい、にぎやかな雰囲気の中の視察でした。
開放感あふれる綺麗な建物の中で、こどもたちが裸足でオスモフローリングの上を走り回り、活き活きと気持ちよくすごしている様子を見ることができて、お二人とも笑顔になります。
 

ドイツオスモ社

この保育園の設計者である戸室太一さんが自らご案内くださり、とても贅沢な視察の時間となりました。
 

星野リゾート「トンボの湯」と「ハルニレテラス」を見学

ドイツオスモ社

翌日は、長野県は軽井沢へ。
オスモカラーを長年使って頂いている星野リゾート「トンボの湯」と「ハルニレテラス」を散策。
中にも外にもふんだんに木を使われていますが、定期的にきちんとしたメンテナンスを実施されているので、とても綺麗です。
オスモカラー塗装の経年変化を確認しながら、歩きます。
 

ドイツオスモ社

平日ですが、軽井沢はさすがの賑わいですね。
ちょっとだけ、リゾート気分を味わいました。
 

「JA前橋市地域密着密着型介護ホーム上陽」を見学

ドイツオスモ社

午後は群馬へ移動です。
フローリングを使っていただいた介護福祉施設「JA前橋市地域密着密着型介護ホーム上陽」を訪ねました。
まずは施設の概要についてご説明を頂き、その後ホーム内をご案内頂きました。
 

ドイツオスモ社

車椅子の行き交う施設でオープンしてから今年で4年目ですが、目立った傷などはなく、とても綺麗にご使用頂いています。
今回は特別に、床だけではなく浴室の設備なども見せていただきました。
家のような雰囲気でくつろげる環境に、「介護施設っぽくなくてとても良いですね」とのご感想。
 

「祝昌第二保育園」を見学

ドイツオスモ社

次に、オープンして6年経った「祝昌第二保育園」を視察しました。
無垢パインフローリングが、経年変化で綺麗な飴色に変化している様子を見ることができましたよ。
こども達はやっぱり元気で、お二人に「どこから来たの?」「何で青い目なの?」など、かわいらしい質問を投げかけてくれました。
中には英語を勉強しているお子さんもいらっしゃって、英語で自己紹介をしてくれたりもしました。
 

「慈光保育園」を見学

ドイツオスモ社

この日は視察の最終日。最後に、高崎市の慈光保育園を訪ねました。
こちらもオークの無垢フローリングをご採用頂いた施設です。
 

時間の関係もあり、かなり急いで見学をさせていただいたのですが、忙しい時間帯にもかかわらずとても丁寧にご案内を頂きました。
「とてもよく整理が行き届いていて、気持ちがいいですね。」と感心されていました。

お引渡し後の建物の様子を見せていただくことは、私たちも普段なかなか出来ないのですが、今回は本当に色々な方々にご協力を頂き、とても充実した視察ツアーになりました。
視察先のみなさま、本当にあたたかくお迎え頂き、改めてありがとうございました!
 

視察にご協力頂きました法人様のHPはこちら
■浅田設計室
■トリスミ集成材株式会社
■富士機械製造株式会社
■戸室太一建築設計室
■明福寺ルンビニー保育園
■JA前橋市
■祝昌第二保育園
■慈光保育園

最新コラム記事